食洗機の処分は粗大ゴミ?処分方法を解説

商品・アイテム

食洗機の処分は粗大ゴミ?処分方法を解説

 

食洗器が壊れたり、不具合が出ていると処分が必要です。据え置きタイプは粗大ゴミで処分ができますが、ビルトインタイプは処分ができないため、覚えておきましょう。

 

不用品回収専門業者に依頼する、小型家電回収ボックスに入れて処分をする方法などがあります。新品や新古品の場合は、値段が付くことが多いため、フリマアプリ、ネットオークションに出品をするのもお勧めです。

 

記事を読んで頂くことで、自分に合った処分方法が見つかります。

 

食洗器は捨てにくいもののひとつです

 

食事をする時はコップ、湯呑み、茶碗、お皿などの食器類が必要ですが、後片付けは面倒だと感じることがあります。食器機は仕事や育児に忙しい人には、洗い物の負担を減らせるので欠かせない必需品です。

 

シンク上に置く据え置きタイプ、シンク下に設置するビルトインタイプなどの種類があります。大きさや重量があるため、捨てにくい物のひとつですが、壊れたり、不具合が出ている場合は処分が必要です。

 

食洗器は捨てる前に取り外しておく

 

食器機の据え置きタイプは、自治体の粗大ゴミとして処分をすることができます。食器機を取り外しておく必要があるため、取り扱い説明書に手順が記載されているため、ゆっくりと取り外しましょう

 

分岐水栓のコックを閉じてから、電源ボタンをスタートさせて1分後に電源を切っておきます。電源を入れてから、1分後に電源プラグ、アースを外してから給水ホースを外しましょう。

 

食器洗い洗浄機は取り外しができたら、分岐水栓を閉めておきます。

 

自治体の粗大ゴミとして処分ができる

 

食洗器はビルトインタイプは、自治体の粗大ゴミとして処分ができないため、覚えておくことが大事です。シンク上に設置している据え置きタイプは、分岐水栓から取り外しておくと自治体の粗大ゴミに出すことができます。

 

自治体のルール、サイズ、指定の日時などを守る必要があるため、公式ホームページ、広報などで確認が必要です。粗大ゴミ回収の日時が決まっているため、事前に電話やメールで予約をしておきましょう。

 

粗大ゴミ回収券を購入する必要がある

粗大ゴミとして処分をしたい場合は、粗大ゴミ回収券を購入しておく必要があるため、郵便局やコンビニ、個人商店などで入手しましょう。粗大ゴミの日は毎月決まっているため、すぐに食洗器を処分したい人には向いていない方法です。

 

食洗器は重量や大きさがありますが、自分で収集場所に運搬をする必要があるため、多少の手間や時間が掛かります。粗大ゴミで処分をする場合は、費用を抑えることができるのが良い点です。

 

自治体のルール、マナーを守る必要がある

自治体の粗大ゴミは回収日、時間、収集場所などが細かく決まっているため、マナーやルールを守って捨てるようにしましょう。粗大ゴミ引き取り券に必要事項を記載してから、処分したい食洗器にシールを貼ってから、指定の場所に置いておきます。

 

収集場所以外の場所、道路などに置いてしまうと、近隣に迷惑が掛かってしまうため、邪魔にならない場所に置くことが大事です。自分で運搬をしたり、指定の日時などは決まっていますが、主婦や年金受給者、自営業者などは利用しやすいです。

 

リサイクルショップに査定を依頼する

 

新品や新古品、人気のメーカーの食洗器は、幅広い年代に人気があるため、需要が多いので値段が付くことがあります。近くにリサイクルショップがある場合は、まずはスタッフに査定を依頼すると良いでしょう。

 

近くに店舗がある場合は持ちこんでほうが良いですが、自分で運搬するのが難しい、仕事が忙しくお店に行けない人も存在します。出張買取、査定に対応をしているお店を選んでおくと、スタッフが希望の日時に自宅に訪問してくれます。

 

買取専門業者に査定を依頼する

 

近くにリサイクルショップが少ない場合は、家電や家具の買取専門業者を利用すると良いでしょう。ビルトインタイプ、据え置きタイプの両方の査定を行っているので、まずは査定を依頼することが大事です。

 

出張買取、査定に対応をしているお店を選んでおくと、仕事や家事、育児などで忙しい人も利用しやすくなります。傷や汚れがなく、人気のメーカー、機種の場合は値段が付くことが多いです。

 

ビルトインタイプは自分で取り外すのは難しい

 

据え置きタイプの食洗器は、取り扱い説明書の手順に沿って自分で取り外すことができます。シンク下に設置するビルトインタイプは、水栓と繋がっているため、専門的な知識が必要なので自分で取り外すのは困難です。

 

故障をしてしまったり、不具合が発生して買い替えをする場合は、専門的な知識や経験を持ったスタッフに依頼すると良いでしょう。出張費や人件費などは必要ですが、短時間でビルトインタイプの食洗器を取り外してくれます。

 

小型家電回収ボックスに入れて処分をする

 

食洗器は小型家電リサイクル法に基づいている家電なので、自治体や家電量販店、スーパーマーケットなどに設置されている、小型家電回収ボックスに入れておくと回収をしてもらえます。回収ボックスに入れておくと、アルミやレアメタルなどの金属を回収してリサイクルをしています。

 

大切な資源を有効活用したい人に向いている方法です。小型家電回収ボックスは、自治体によっては設置していないことがあります。

 

友人や家族などの欲しい人に譲る方法

 

新品や新古品、傷や汚れがほとんどなく、きれいな状態の人気メーカーの食洗器は、機能性、実用性に優れています。食洗器が不要になったけれど、お金は別に要らない場合は友人や離れて住んでいる家族など、必要としている人に譲る方法があります。

 

買取専門業者、リサイクルショップは自分で運搬をしたり、都合の良い日を指定する必要があるため、面倒だと感じることが少なくありません。傷や汚れがなく、きれいな状態の食洗器のみですが、欲しい人に譲ってあげることで感謝してもらえます。

 

自分で処分方法を考える手間が無くなります。

 

フリマアプリ、ネットオークションに出品をする

新品や新古品、人気メーカー、機種の食洗器は欲しい人が多いため、フリマアプリ、ネットオークションに出品する方法があります。事前に会員登録をしておくと、いつでも出品ができるため、食洗器を欲しい人を探すことができます

 

自分で写真撮影をしたり、商品の年式、サイズ、デザインなどを詳しく記載することで、買い手が早く見つかることが多いです。自分で金額を決めることができるため、欲しい人に譲る方法よりも、お金を受け取ることができます。

 

自分で梱包や発送をする必要がある

食洗器はビルトインタイプ、据え置きタイプでも出品ができますが、買い手が決まったら、自分で梱包や発送をしなければなりません。多少の手間、労力、時間などは必要になるため、忙しい人には向いていない方法です。

 

すぐに買い手が見つからなくても、問題ない場合はフリマアプリ、ネットオークションを利用すると良いでしょう。多くの人が閲覧をしているため、高値で買取をしてくれる人を見つけやすいです。

 

家電量販店に下取りを依頼する方法

 

食洗器が壊れてしまい、新しい商品に買い替えをする場合は、お店によっては下取りに対応をしてくれます。数多くの家電量販店が存在しますが、大手の場合は下取りに対応をしている所が多いです。

 

一部の店舗では対応していない場合があるため、事前に電話や店頭などで聞いておくと良いでしょう。
新しい食洗器を買い替える時は、古い食洗器を下取りしてくれる可能性があります。

 

まずはスタッフに相談しましょう。

 

不用品回収専門業者に依頼する

 

ビルトインタイプ、据え置きタイプの食洗器が不要になり、他の家電も処分したい場合は、不用品回収専門業者を利用すると便利です。粗大ゴミ回収に比べると料金は高いですが、自分の都合の良い日時を指定できますし、運搬をする手間や労力が必要ありません。

 

一連の作業をスタッフが行い、適正な方法で回収、運搬、処分を行っています。小型家電リサイクル法に定められている家電の、回収に対応をしているため、まずは相談をしてみると良いでしょう。

 

まとめ

 

食洗器はビルトインタイプ、据え置きタイプなどの種類がありますが、据え置きタイプは自治体の粗大ゴミとして処分ができます。小型家電回収ボックスに入れておく、家電量販店の下取りに出す、欲しい人に譲るなどの方法があります。

 

食洗器はビルトインタイプは、取り外すのが難しいため、専門業者に依頼するのをお勧めしたいです。新品や新古品、人気のメーカーの食洗器の場合は、需要が多いため、値段が付くことが多くなります。

 

捨てる前に査定を依頼すると良いでしょう。

-商品・アイテム
-