バットの処分は粗大ゴミ?処分方法を解説

商品・アイテム

バットの処分は粗大ゴミ?処分方法を解説

 

傷や汚れ、破損をしているバットの処分方法で、困っている人が多いのではないでしょうか。金属バットはアルミ製なので、自治体の粗大ゴミとして処分ができます。

 

人気のメーカー、ブランド、新品の場合は、値段が付く可能性が高いです。捨ててしまう前に査定を依頼したり、欲しい人に譲る、フリマアプリ、ネットオークションに出品することができます。

 

記事を読んで頂くことで、自分に合った処分方法が見つかります。

 

金属バットはアルミで作られています

 

野球は子供から大人まで楽しめるスポーツですが、野球用品が不要になると処分に困ってしまうことがあります。バットは代表的な野球用品ですが、汚れや傷が目立ってきたり、破損をすると処分が必要です。

 

金属バットはアルミ素材で作られているため、自治体の粗大ゴミとして処分をすることができます。自治体によっても規定やルールが違っているため、事前に広報や公式サイトで確認をしておきましょう。

 

粗大ゴミは回収日が決まっている

 

野球用品のバットは、自治体の粗大ゴミとして処分をすることができます。粗大ゴミ回収は予約制になっているため、電話やメールで申し込みをしてから、粗大ゴミ引き取り券を購入しましょう。

 

地域によっても料金が違ってきますが、300円から500円前後で回収してくれます。粗大ゴミ引き取り券に必要事項を記載して、バットにシールを貼っておくと良いでしょう。

 

粗大ゴミはマナーを守って処分をする

 

自治体の粗大ゴミ回収は、毎月指定の日時が決まっており、収集場所に自分で運搬をする必要があります。指定の時間を過ぎてしまうと、バットを回収してもらえないため、近隣に迷惑が掛かってしまいます。

 

日時をきちんと守り、歩行の邪魔にならないように収集場所に置いておくことが大事です。粗大ゴミ回収は近隣に迷惑を掛けないように、マナーを守って処分しましょう。

 

後輩や友人、知人などに譲る

新品や新古品のバットが不要になった時は、捨てるのは抵抗を感じる人が多いのではないでしょうか。人気のメーカー、ブランドの商品は、機能性、実用性に優れているため、譲ってほしい人が多くなります。

 

後輩や友人、知人などが野球をしており、野球用品を欲しがっている場合はバットを譲ってあげると良いでしょう。傷や汚れがなく、きれいな状態のものだけを譲ることが大事です。

 

受け取った人にすぐに使ってもらえるので、メリットのある方法です。

 

バットを欲しい人を探す手間がない

不要になったバットを、友人や知人、後輩などの必要としている人に譲ると、お金を受け取ることはできません。お金はいらないので、不要になったバットを処分したい場合は、欲しい人に譲ると買い手を探す手間がありません

 

自分で梱包をしたり、発送をする手間もないので、スムーズにやり取りができます。新品や新古品、人気メーカー、ブランドの商品は、使いやすいので喜んでもらえます。

 

欲しい人には感謝してもらえますし、自分も手間や労力を減らすことができます。

 

リサイクルショップに査定を依頼する

 

近くにリサイクルショップがあり、野球用品の査定、買取に対応をしている場合は、店頭に足を運んでみると良いでしょう。地域に密着をしているお店を選んでおくと、信頼できる鑑定士が在籍をしています。

 

新品や新古品、人気ブランドの商品は、値段が付くことが多いため、まずは査定を依頼すると良いでしょう。傷や汚れが目立っていたり、中古品の場合は値段が付かず、下取りをしてもらえないことが多いです。

 

買取専門業者に査定を依頼する

 

近くに買取専門業者がある場合は、野球用品の査定、買取に対応をしている所があります。野球用品のバットは高値になることは少ないですが、新品や新古品の場合は値段が付くことが多いです。

 

知り合いに野球をしている人がいない場合は、買取専門業者に査定を依頼すると良いでしょう。大量にバットがある場合は、出張買取に対応をしている所がお勧めです。

 

野球部を廃部する時は産業廃棄物として処分する

 

一般家庭では料金が高くなるため、一般的な方法ではないですが、野球部を廃部する時は大量にバットが不要になってしまいます。部活を廃部する時は、粗大ゴミとして処分をすることはできません。

 

大量に処分が必要な場合は、産業廃棄物として処分をする必要があります。産業廃棄物処理専門業者に依頼して、適切な方法で処分をしてもらいましょう。

 

スクラップ回収業者に査定を依頼する

 

金属バットはアルミを使用しているため、スクラップ回収業者に査定を依頼すると良いでしょう。スクラップ専門業者は、使用している素材をスクラップにして再利用をしています。

 

資源を有効活用したい人は、不要になった金属バットの査定を依頼すると良いでしょう。自分でバットを持ち込む必要があるため、仕事が忙しく、残業や夜勤が多い人には向いていない方法です。

 

フリマアプリ、ネットオークションに出品する

 

新品や新古品の状態が良いバットは、捨ててしまうのはもったいないため、フリマアプリ、ネットオークションに出品しましょう。スマートフォン、タブレット、パソコンから、会員登録をしておくと出品することができます。

 

すぐに買い手がつかないことがあるため、急いで処分をしたい人には向いていない方法です。多少は時間が掛かっても、なるべく高値で買ってくれる人を見つけたい人にお勧めの方法です。

 

自分で写真撮影をする必要がある

フリマアプリ、ネットオークションは気軽に利用できますし、多くの人が閲覧しているため、興味関心を持ってもらえます。野球用品のバットは多く出品されているため、買い手を早く見つけるためには、工夫が必要になります。

 

様々な角度から撮影をしたり、商品のメーカー、ブランド名を記載したり、なるべく詳しく特徴を書いておくことが大事です。他の出品者よりも有利にするためには、ある程度の手間や時間は必要になります。

 

値引き交渉をされることがある

ネットオークション、フリマアプリは幅広い年代が閲覧をしており、不用品を売りたい時に人気があります。ネットオークション、フリマアプリで買い物をしている人は、金額に不満があると値引き交渉をしてくることが多いです。

 

値引き交渉、クレーム処理などが、テキパキできない場合はストレスを感じやすくなります。気軽に利用できるのは良い点ですが、トラブルにならないための対応が必要です。

 

他の野球用品を処分したい時は、不用品回収専門業者に依頼する

 

バットの他に、別の野球用品を処分したい場合は、不用品回収専門業者に依頼するのがお勧めです。不用品が多い場合でも希望の日時に、スタッフが訪問をして運搬、回収、処分に対応をしてくれます。

 

引っ越しや部活をやめる予定があり、急いで野球用品を処分したい人にお勧めです。粗大ゴミ回収よりは料金が高くなりますが、他の物を捨てたい時は利用すると良いでしょう。

 

地元で評価の高い専門業者を利用する

 

不用品回収専門業者は数多くありますが、信頼できるお店を選んでおくと迅速で丁寧な応対です。夕方から夜間の時間帯、日曜祝日、年末年始まで利用できるため、忙しい人にお勧めします。

 

複数の専門業者の料金、評判、口コミなどを比較することで、優良なお店を見つけやすいです。
友人や知人のアドバイスを受けたり、紹介をしてもらうのも良いでしょう。

 

まとめ

 

野球用品のバットは傷や汚れ、破損がある場合は、自治体の粗大ゴミとして処分できます。他の方法は欲しい人に譲る、スクラップ業者、買取専門業者、リサイクルショップに査定を依頼する方法があります。

 

バットは、高値になることは少ないですが、まずは査定を依頼すると良いでしょう。急いで処分をしたい場合は、不用品回収専門業者に依頼する、急いでいない場合はフリマアプリ、ネットオークションに出品する方法があります。

-商品・アイテム
-,