液晶テレビを処分したい!不用品回収や廃品回収の方法は?

商品・アイテム

液晶テレビを処分したい!不用品回収や廃品回収の方法は?

 

テレビの正しい処分方法をご存じでしょうか。テレビは、「家電リサイクル法」対象の家電になるため、粗大ごみや不燃ごみとして処分ができません。では、液晶テレビを処分するには、どのような方法があるのでしょうか。

 

この記事では、液晶テレビの正しい処分方法を7つご紹介します。本記事を読むことで、液晶テレビの正しい処分方法について学ぶことができ、迷うことなく処分が可能です。また、個々の状況に合わせた処分方法や、不用品回収、廃品回収についても詳しく解説しています。

 

現在液晶テレビの処分に悩んでる方、これから処分をご検討されている方は、ぜひ本記事を参考にして、最適な処分方法を探してみてください。

 

液晶テレビは家電リサイクル法の対象家電

「家電リサイクル法」とは、家庭や事務所などから不要になった対象家電を回収・リサイクルし、廃棄物の削減と資源の再利用を目的として定められた法律です。液晶テレビは家電リサイクル法の対象家電であるため、不燃ごみや粗大ごみでの処分が法律により禁止されています。

 

また、家電リサイクル法の対象家電は、液晶テレビの他にエアコン、冷蔵庫、洗濯機の全4品目が指定されています。

 

液晶テレビの処分方法

 

粗大ごみや不燃ごみで処分ができない液晶テレビは、以下の7通りの方法で処分が可能です。

  1. 家電量販店に引き取ってもらう
  2. 知人や友人に譲る
  3. リサイクルショップで売る
  4. フリマアプリやオークションで売る
  5. 指定場所に持ち込んで処分する
  6. 不用品回収業者に依頼して処分してもらう

 

有料で処分する方法、無料で処分する方法それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合った方法で処分を検討していきましょう。

 

家電量販店に引き取ってもらう

 

新しいテレビの買い替えを検討されている方であれば、家電量販店で引き取ってもらうことができます。家電量販店は、「家電リサイクル法」で対象となる家電を回収をすることが法律により定められています

 

リサイクル費用はかかりますが、買い替えたテレビの搬入時に古いテレビを引き取ってもらえるので、店頭持ち込み不要で手軽に処分が可能です。リサイクルにかかる費用は、量販店により異なります。各家電量販店のリサイクル費用は以下の通りです。

 

リサイクル費用

  • ヤマダデンキ  1,650円
  • エディオン   1,870円〜
  • ケーズデンキ  1,430円〜
  • ビックカメラ  1,650円
  • ヨドバシカメラ 550円

 

上記に対象の販売店がない場合は、店舗に直接聞くと良いでしょう。

 

知人や友人に譲る

 

知人や友人でテレビを必要としている方がいらっしゃれば、譲って処分する方法もおすすめです。譲る側はリサイクル費用を支払わずに処分ができ、譲受ける側は購入費用を支払わなくて済むので、両者にとってメリットがあります。

 

処分したいタイミングで、テレビを必要としている方を探すのは簡単なことではありませんが、有効な処分方法として押さえておくと、処分の選択肢が増えます。

 

リサイクルショップで売る

 

まだ利用できて製造年数が5年以内のテレビなら、リサイクルショップで売ることも可能です。引き取ってもらえれば、リサイクル費用がかからない上に、お金に換えることもできます。

 

人気モデルや人気メーカーのテレビであれば、より高値で引き取ってもらいやすくなります。サイズが大きく持ち込みが難しい場合は、出張買取を実施しているお店もあるので、そちらを利用すると効率よく処分ができます。

 

海外製のテレビや製造から5年以上経っていると買取ができないことがあるので、事前査定などを利用して買取ができるか確認をすることをおすすめします。

 

フリマアプリやオークションで売る

 

時間に余裕のある方で、状態の良好なテレビであれば、フリマアプリやオークションで売るのも有効な方法です。出品や発送の手間はかかりますが、普段からサービスを利用して売買されている方や、時間や手間をかけてもお得に処分したい方に向いています。
人気モデルや人気メーカーのテレビであれば、高値で売ることが期待できます。

 

相場を把握するためにも、直近で同モデルが同じような状態でいくらで売れているのか、または、いくらで出品されているのかリサーチすると良いでしょう。

 

適切な金額がわかる上に、購入者を早く見つけやすくなります。

 

指定引取場所に持ち込んで処分する

 

テレビを直接持ち込みができるなら、指定引取場所に持ち込んで処分ができます。自力で運搬する手間や、郵便局でリサイクル券を購入する手間などが難点ですが、事前予約なしで、自分の都合に合わせて処分ができます。

 

指定引取場所を利用した処分方法は以下の流れで行われます。

  1. 指定引取場所検索」で最寄りの指定取引場所を調べる
  2. 郵便局で家電リサイクル券を買う
  3. テレビを指定取引場所に直接持ち込む

 

リサイクル料金は、テレビのサイズによって変わりますが、1,870円〜3,700円程度で処分が可能です。

 

不用品回収業者に依頼して処分してもらう

 

自力で持ち込んでの処分が難しい方や、テレビ以外にも不用品をまとめて処分をしたい方には、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。運搬費や人件費などが発生するため、費用は高額になることがありますが、業者が回収から処分までを全て任せられるので、手軽に処分ができます。

 

処分費用は4000円程度から行っている業者も存在しますが、業者によって異なります。各社トラック積み放題プランや、お得なプランを提供しているので、複数者で見積もりを出してもらうと良いでしょう。

 

廃品回収業者の多くは違法業者であるため注意!

 

「無料で回収します」と街中を巡回している軽トラックや、廃品回収業者の広告チラシを目にしたことがある方も多くいるでしょう。無料回収なら、お願いしようかと考える方もいるかと思いますが、ほとんどが違法業者であるため、避けた方が無難です。

 

廃品回収業者の多くは不用品回収の許可を持っていない違法業者が営業しています。不用品回収の資格がない業者に依頼し、業者が不法投棄を行った場合、利用者にも責任が追求されることがあります。

 

また実際に、廃品回収業者を利用された方で詐欺被害に合うケースが多発しています。利用者からは無料と言われていたのに、トラックに載せた直後に料金を請求されたり、法外な高額請求をされたりという事案が多数報告されています。

 

廃品回収業者や不用品回収業者に騙されないためのポイント

 

悪質な廃品回収業者や不用品回収業者のトラブルが多数報告されていますが、騙されないためにも以下のポイントを押さえておくと安全な業者選びができます。

 

ココがポイント

  • 見積もりをしっかりと書面で渡してくれる
  • 細かいところまで丁寧に説明してくれる
  • 不用品回収に必要な資格を所持していることをホームページで公表している。
  • 口コミや評判・実績がネットで確認できる

 

優良な業者に依頼ができれば、業者が収集、運搬、処分まで一任できるので、大変便利です。効率良く処分をするためにも、騙されないポイントを念頭に置いて業者選びをしましょう。

 

まとめ

 

今回は、液晶テレビの処分方法について解説いたしました。粗大ごみや不燃ごみでは処分できない液晶テレビですが、さまざまな処分の仕方があります。個々の状況に合わせて、ベストな方法で処分をしていきましょう。

 

自分の好きなタイミングで処分したい方は、指定引取場所での処分がストレスなく処分が可能です。少しでもお得に処分したい方は、リサイクルショップやフリマアプリで売却する方法を利用することで、無料で処分ができるうえに、お金に換えることができます。

 

急ぎで処分したい方や、テレビ以外にもまとめて処分をしたい方は不用品回収業者を利用すると、時間を有効活用できるうえに、処分の手間を大幅に省くことが可能です。

 

ただし、悪質な業者が中には存在するので十分に注意しましょう。優良な業者は、自身のホームページで回収に必要な資格を公表していたり、口コミや評判がしっかりと掲載されています。

 

また、細かいところまで丁寧に説明してくれるなど、依頼者に寄り添った対応をしてくれるのが特徴です。以上の点に注目し、慎重な業者選びをしていきましょう。

-商品・アイテム
-,